KansetsuMaster.com

関節マスタードットコムでは、先生の施術の幅を広げるテクニックをご紹介します。
明日からすぐに臨床で使っていただける患者さんをなおすためのプロ向けテクニックになっています。

ダブルモーションテクニック

st1_sダブルモーションテクニックセミナー DVD<腰椎・骨盤編>

販売価格:19,800円(税別)全177分

【内容】
どんな先生でも明日から使える最強の関節矯正術!!
「アジャストでも筋肉の施術でもない…」
「これは新しい関節矯正術だ!!」と施術家に言わしめた関節矯正術は
患者さんも驚くほど感覚を変えてしまうテクニックだった!!
すぐに改善したことがわかる新しい関節矯正術をご紹介します!
明日から使えるこのダブルモーションテクニックは臨床の場で
必ず先生の武器になることをお約束します。

詳しくはコチラ>>>

 

st2_sダブルモーションテクニックセミナーDVD<頚椎・胸椎編>

販売価格:19,800円(税別)全166分

【内容】
頚椎のアジャストができなかった患者さんにも完璧な頚椎のフォローができます。
なぜ、首を動かすことさえできなかった患者さんの“寝違え”を
アジャストを使わずに物の見事に、改善できたのか?
“肩こりの解消の秘密”“猫背の姿勢矯正”をあなたの施術院で
圧倒的な結果が出せるテクニックの全てを紹介いたします!
これで、頚椎と胸椎のアジャストができない患者さんの
体の施術もお手のものとなるでしょう!

詳しくはコチラ>>>

 

st3_sダブルモーションテクニックセミナー DVD<下肢編>

販売価格:19,800円(税別)全160分

【内容】
関節調整の明確な理論と施術法がダブルモーションテクニックにはあります。
なぜ、関節マスターは来院する患者さんを納得させる下肢のテクニックを持っているのか?
あらゆるバランスと痛みを改善する下肢の13種類の
オリジナル関節テクニックの全てを先生にご紹介します。
ご説明する関節テクニックは、観ても使えないようなものではなく、
下肢の関節に対して今すぐに臨床でも結果のだせる技術ばかりです。

詳しくはコチラ>>>

 

st4_sダブルモーションテクニックセミナー DVD<上肢編>

販売価格:19,800円(税別)全185分

【内容】
すでに“337人”の先生から使って良かったと感想を頂いている“臨床テクニック”です。
なぜ、“五十肩”の患者さんを次々と改善できたのか?
肩の関節、肘の関節、手首の関節、指の関節を緻密な理論と実技でことごとく改善させる。
上肢の関節調整テクニックの“決定版DVD!
ご説明する関節テクニックは、観ても使えないようなものではなく、
上肢の関節に対して今すぐに臨床でも結果のだせる技術ばかりです。

詳しくはコチラ>>>

 

st5_sダブルモーションテクニックアドバンスセミナー DVD<脳・脊髄編>

販売価格:24,800円(税別)全201分

【内容】
ダブルモーションテクニックはカイロプラクター茨木英光が放つ、
臨床で圧倒的に患者さんの体を改善させる関節調整テクニックです。
今回のダブルモーションテクニックは、 「脳・脊髄」に迫り、
手技療法家の苦手な分野である患者さんの自律神経の問題までをも
効果的に改善する方法を公開しています。
わずか1分17秒の施術で目の瞳孔の動きを改善させた自律神経の
「検査」と「調整」テクニックをご紹介します!!

詳しくはコチラ>>>

 

st6_sダブルモーションテクニックアドバンスⅡセミナーDVD<顎関節・頭蓋骨編>

販売価格:24,800円(税別)全244分

【内容】
ダブルモーションテクニックアドバンスⅡセミナーDVD<顎関節・頭蓋骨編>では、
顎関節の現状を正確に分析する検査法、さらにはいろんな顎関節の問題に対処する
症状別テクニックを収録しています。
その他の部位では手技療法家が悩まされる耳の症状の説明、
そしてその症状へのアプローチなども詳細に説明。更には頭蓋骨の調整、
顔のゆがみを改善させる顔面骨に対するテクニックなど、
今までにない手技テクニックを余すところなく大公開しています。

詳しくはコチラ>>>

 

st7_sダブルモーションテクニックアドバンスⅢセミナーDVD<出産・美容骨盤編>

販売価格:29,800円(税別)全206分

【内容】
ダブルモーションテクニックアドバンスⅢセミナーDVD<出産・美容骨盤編>では、
「マタニティー整体」や「妊婦施術・安産施術」という言葉は
今までに聞いたことがあるかもしれませんが、
茨木先生の解剖学的な知識とそれらを考えたアプローチ手法は、
とってつけたような「マタニティー」とか
「美容整体」というものと一線を画したものであり、
手技療法の先生が手技療法の専門家として妊娠中の患者さん、
出産後の患者さんに対応できるものを公開してくれています。

詳しくはコチラ>>>

2016/09/10